芸術家

渡邉帆南美

プロフィール 渡邉帆南美  Honami Watanabe 1991年生まれ 京都府出身 2011年「生活に身近なところに芸術を」をテーマに、雑貨や衣服をキャンバスとした「着るアート、身につけるアート」の作品を制作。美術館やギャラリーの展示よりも地下鉄駅など、生活に近い場所での活動に興味を持ち、地域のアートイベントなどに出展するなどして、長くスタイルの模索を繰り返す。 2019年《マジックトラベル絵画》と《タイムトラベル絵画》を発表。ニ場面を一つの画面に同時に納め、鑑賞者はライトを当てる事で鑑賞が可能になるこの作品で、同年、初めて描いたF100号キャンバス作品《裸》が大阪府知事賞を受賞。作家業を本格化する。 また、個展にて、「オリジナルキャラクター」が「日常のふとした隙間(光景)」から別の世界の入り口へと誘われ、未来の可能性を選択する様なストーリーを絵画と同時に展示発表する表現を開始。 2020年には、絵の具の流動性や偶然性を利用して描かれたアクリル画が、2021年には、水彩画とデジタル画をデジタル上で組み合わせたフォトコラージュ作品が、京都国際映画祭にて、ノミネート選出。 この際にアクリル画とデジタル画を織り交ぜた《デジタルカメレオンシリーズ》という独自のスタイルを確立した。 2022年現在、《デジタルカメレオンシリーズ》やこれまで描いたデジタル画のNFT化を開始。新作に向けて鑑賞者から写真素材を募集するなど、活動を続けている。

Favorite

MORE